マザー2 スロットマシン

マザー2 スロットマシン

主観での認識で話すことができるかどうかが決定されるのは知られてしまうと不利益を被る側にとっては面倒というか厄介というかそういうものになるだろう

なので呪いに関しては指定された条件、事項として制定されている内容を喋れないようにしている

具体的に何である、というのは一応明確であるが同時に明確でない代物

意味は分かり辛いが、要は概念を指定しそれにかかわる事柄について喋ることができないものとなっている

あなたも好きかも:白猫 ナーデルキッセン スロット
「基本的に喋れない事柄はこの城において秘密にしたいとされる内容に関してです」「……それは誰が決めているんですか?」「厳密に誰が、というのは難しいですね

ここで呪いの対象となる内容に関しては概念の部分で触れています

あなたも好きかも:dq8 カジノ ルーレット
概念的にこの城における秘密に該当するもの、それをあなた方が発言することができない、そういう話になります

まあ内容に関してはいろいろ難しく面倒くさい部分になりますので省略しますね」「わかんない……」「言っている意味が分からん……」「僕もちょっと理解しきるのは難しいかな……魔法とは違うし

まあ魔法も全部理解してるわけではないけど」 頭のいい方のセージでもその内容について詳しくは理解できない

まあ一般的な教育レベルの高くない人物、冒険者たちに理解しろという方が普通は無理だ

魔法に関して振れたこと上がる人物でも理解しきるのは大変なくらいであるのだからそれよりも学びの少ない冒険者ならば難しい、厳しいの当然

「ともかくこれでしゃべることはできなくなりました……しかし、この場においてその状態であるというのは話したい事柄についても話せなくなるので問題になりますね」「それは……確かにそうですね

誰にも伝えられない状況ではここにいる人にも伝えられません」 一切話すことができなくなる……というのはつまり固有名詞やこれから鍛錬を行う相手に関して、その能力への対抗策について仲間内で相談することなどもできなくなるといっていいだろう

あなたも好きかも:猪木 パチンコ
それは問題だ

「この城内においてのみ、内容を緩和……いえ、喋ることができなくなる制限を取り払いましょう

城自体に効果が作用するようにすれば城内にいる限りは……という条件がはっきりするでしょう」 城内において城に関することを話せるようにするのは当たり前、城内にいるのだから内部にあるものに関して話すのは当然ということだ

いや、そういった内容に関しての話よりも、城が対象にできるからというのも大きい

言うなれば城という存在そのものにセージたちの呪いを緩和、その制限を取り払う機能を呪いによって付与する、あるいは呪い自体に効果を作用させ城の内部という認識、あるいは概念的にそうである部分にいる限りは秘密を喋ることができる、という形にしたところである

 まあこれはこれで問題はないわけでもない