麻雀ファイトクラブ2 スロット

麻雀ファイトクラブ2 スロット

 ――迷彩の術式似ている

 ぐるりと一周するようにして歩いた白井は、ぴたりと足を止めて視線を足元へ向けた

あなたも好きかも:石神井公園 パチンコ
新しく知る場所へ、特に地点が特定されている場合において、その周辺事情を先に調べておくのは、陸地に上がってからリック・ネイ・エンスに教えられたことだ

いわば突入に対して退路を確保しておくようなものだが、今回はそれが功を奏した

 歩いていて違和感があったのは、目的地周辺に入ってすぐだ

 足が向かないのである

 結界の種類を多くは知らない白井でも、目的地に対して無意識に〝行きたくない〟と、思うよりも前に行動に移してしまうようなタイプだ

こういう場合、大抵は通り過ぎてから、おやと気付くことになる

 さて、ではどう対応すれば良いのかと問われれば、歩行のペースを落として、一歩を確かめるよう、目的地に向かえばいい

 簡単な迷彩の術式ならば、たったそれだけのことで解決はする――もちろん、もっと複雑な結界ならば、ほかの手段も必要だが、住宅街の一画に存在するのならば、おそらくはその程度のものだろうと思って行けば、すぐに到着した

 インターホンも見当たらない、石垣に囲まれた場所だ

入り口から中を見れば、飛び石が平屋の母屋へと繋がっており、右手側には道場らしき建物もある

あなたも好きかも:パチンコ 全回転 ハズレ
庭は広く、人工池も存在するようだ

 このご時世に門もないのかとため息もつきたくなるが、古めかしい和の建築を見れば、逆に落ち着かなくもなる

美しいとは思うけれど、住んでみたいとは思わない

だからといって観光したいとも思わないが

 エイジェイから連絡が行っているはずだと中に足を踏み入れ、周囲を見渡しながら母屋へと向かおうとするが、しかし、その途中でぴたりと足を止めて振り返る

「――そっちじゃねェよ」「そのようだ」 離れ――いや、道場から顔を見せたのは、大柄ではないにせよ、背丈の高い男性だった