パチスロ 戦国乙女シリーズ

パチスロ 戦国乙女シリーズ

「せーんぱいっ」 背後からの声に振り返ると、ペンションの裏手からこっそり回り込んでやって来たのだろう、相川がニコニコ顔で近寄って隣りに並んだ

「何してるんですかっ?」「ん? ……ああ……」 優樹は、「ほら」と笑顔で指差した

あなたも好きかも:2ちゃんねる 葛西 スロット
「……あのね、火の粉が登ってるでしょ? ……空まで届いて星になったように見えない?」 相川は火の粉を追い掛け、「……あー……」と声を上げた

あなたも好きかも:パチンコ 蔓延防止
「ホントだ……」「でしょ? 綺麗でしょ?」 相槌を問われて笑う相川に、優樹はキョトンとして「ん?」と首を傾げた

「なぁに?」「ふふ、先輩らしいなーって思って」「そぉ?」 「うん」と相川は笑顔で頷く

 優樹は「そうかなー……」と少し苦笑しながら、上昇する火の粉をじっと見つめた

「……綺麗だよね……

キラキラして……」「……」 相川はチラ、と優樹を横目で見た

 ……落ち着け落ち着け! やっと二人っきりになれたんだ! このチャンスを逃しちゃいけないぞ!! グッ……と両手を握り拳にして力を入れ、深呼吸をする

 ……直球勝負だ!!「……ゆうっ」「このままが続くといいねー……」 何気なく言われ、相川は言い掛けた言葉を止めて、「……へ?」と少し目を見開いて首を傾げた

 優樹は、盛り上がっているみんなの方を穏やかな表情で見ている――

「……みんなで楽しく過ごせたらなー

あなたも好きかも:パチンコ タイキ 稲沢
……ずっと……」「……