パチンコ 商材 レビュー

パチンコ 商材 レビュー

共通語を解すること自体、おかしなことだった

 ラグナからしてみれば、別段難しいことでもなんでもないということであり、転生竜のような特別なドラゴンにとっては簡単なことなのかもしれないのだが

「人間がドラゴンと行動をともにしているということ?」 怪訝な声を上げてきたのは、ミリュウだ

あなたも好きかも:バイオ スロット 天井 恩恵
彼女はセツナの右後ろから巨大竜を見上げている

あなたも好きかも:ドラクエ10 カジノ スロット レイド 条件
ラグナが彼女を振り返る

「わしのことを忘れたかのようないいようじゃな」「ああ、そうだったわねー

すっかり忘れてたわ」「なんじゃと!?」 ラグナが牙をむき出しにして突っかかるが、ミリュウは笑うだけだった

ミリュウの発言は、人間社会に順応しきったといってもいいラグナへの賛辞というべきだったかもしれない

確かにラグナはドラゴンらしくはなかった

ドラゴンというよりも、ラグナという別の生き物として見るほうが理解しやすいのではないかと思えたし、セツナも、そういう風に見ていることのほうが多かった

あなたも好きかも:イーグル パチンコ 富里
それが悪いこととは思えないし、ラグナがラグナだからこそ、こうまで受け入れられているのだからそれでいいと思える

ラグナ本人にしてみれば納得のいく話ではないだろうし、ドラゴンとして扱ってほしいという気持ちもわからないではない