パチンコ 営業時間

パチンコ 営業時間

それどころかすぐさま戦線に復帰できるくらいの軽傷であるらしい

「セツナ……エベルの相手は、わたしに任せてください」「なにいってんだ!?」「この窮虚躯体は、エベルを討つための躯体です

だから」「だから、わたしならばエベルを斃せる――そういいたいのかね?」 エベルが呆れたように肩を竦めて見せた

あなたも好きかも:政宗 スロット 秀吉ボイス
背に負った黒炎の輪が噴き上がり、エベルの感情を示すようだった

怒気なのかもしれない

「随分と自信を持っているようだが……順番が変わったのだ

君は、あれらの相手をしているといい

なあに、すぐに済むさ」 そういってエベルが示したのは、遙か眼下であり、魔晶城の地下から噴き出す膨大な量の波光がセツナの視界を青白く染め上げた

魔晶城の敷地内の地上は、ウルクとエベルの激闘によって完膚なきまでに破壊されてしまっているといっていい

 堅牢な城塞そのものといっても過言ではなく、少し前まで無数の建造物が聳え立っていたはずなのだが、いまや見る影もない

巨大な建物は軒並み倒壊し、地は割れ、陥没し、無惨な廃墟と化してしまっている

あなたも好きかも:スロット tas
全体がだ

もはや無事な場所はなく、魔晶兵器工場として機能するとはとても思えないような有り様であり、エベルがウルクとの戦いの中でこの魔晶城そのものを破壊し尽くそうとしているのではないかとも思えた

それくらいに苛烈な攻撃の数々は、魔晶城への影響や被害を一切省みないものであり、むしろ上空での戦闘に終始しようとするウルクのほうが余程考えて戦っているようだった

 そうして破壊された工場群の廃墟の闇に瞬く無数の光は、魔晶の光、波光そのものであり、その膨大な量の輝きたるやこの工場の各所に秘された、あるいは稼働中だった魔晶人形、魔晶兵器の数を現しているのだろう

そしてそれら無数の魔晶兵器群は、瓦礫や残骸を押し退け、地上に姿を見せると、重力の鎖を断ち切るようにして空に上がった

「これは!?」 セツナが驚愕の声を上げたのは、その数があまりにも多かったからだ

百体二百体どころの話ではない