聖闘士星矢 スロット やめ時

聖闘士星矢 スロット やめ時

 あくまでも私の答えが「あざとくない偶然」はない、なのです

 ちなみに「あざとい」ってどういう意味かわかりますか

 Google検索によると「1. 押しの強い

どぎついやり方だ

あなたも好きかも:パチンコ やめれない
2. 小りこうだ

あなたも好きかも:ラッキー海物語 スロット フリーズ
」とされています

あなたも好きかも:スロット 0号機
 つまり「強引さを感じさせるやり方」が「あざとい」のです

 よく考えてみてください

 小説に人物を登場させる

たったそれだけのことですが、初めて登場する際は前置きなしにポンと出しますよね

 ときどき人物Aから紹介されて人物Bが登場することもある

でもそう何度も使える手ではありません

 毎回紹介されて登場を繰り返すと、かえって「あざとさ」が目につきます

「偶然」出会った形にしたほうが「あざとさ」は薄いのです

 つまり紹介されてもいいですが、基本的に「偶然」出会ったほうが「あざとくない」と言えます

 これが「あざとくない偶然」はない、という答えの解説です

最後に 今回は「小説の偶然は必然」について述べました