6月6日 スロット 神奈川

6月6日 スロット 神奈川

バート村の全体地図、何とかできましたー」「ありがとう、シノーペ」「いえいえ

もともとの地図に修正入れただけですから」 シノーペがもってきたのは、工兵部隊の人たちに協力してもらって作成した村の全体的な地図

 魔獣や敵勢力から村を守るのには、こういうしっかりとした地図が必要なんだよね

逃げる方向とか、どこを固めれば迎撃しやすいかとか

あと、田畑の収穫量の予測も立てやすくなるからなー

あなたも好きかも:大阪市 パチンコ イベント
 いや、テムの力を借りなくても、人の力だけで村くらい守れるようになりたいじゃないか

あなたも好きかも:パチンコ 新台 ルパン 三世
俺やシノーペで結界を展開すればそこそこ行けるはずだけど、もしかしたらそれもできない状況になるかもしれないし

 それにしても、もともとの地図……って、何枚か重なっているうちの一番古いやつか

これ、俺が子供の頃に見たことある気がするんだけど、いつのだっけなあ

「もともとの地図って、何年前のだっけ」「日付は十年前になっていますね」 独り言のつもりで呟いたら、シノーペが答えをくれた

そうか十年前か、だったら俺は八歳だから見てるな、うん

「十年前ね

その頃にはもう、あんまり人住んでなかったんじゃない?」「耕作地が、人いなくなってただの荒れ地になってたりしてました……」「人がおらぬと、たとえ水があっても荒れるのだな」 セオドラ様の疑問に俺が当時を思い出しながら答えると、テムが呆れたように伸びをした

ああうん、多分テムは『神なる水』が湧き出す前の王都、その荒れた様子を知ってるからそんな感じで考えているのかもしれない

「水があって人がいないと、草木がどんどん生えまくるんだよ

家は人が住まないと、空気の入れ替えとかしなくなって傷むし」「このランディス邸は、そうならないように姉上が定期的に人を派遣していたんですよ

王都に出仕した特務魔術師の実家、ということで」「ほほう、なるほど

荒れる、にしてもいろいろな荒れ方があるということか」 テムは変なところに感心しているんだけど、これは城の外での経験がとにかく少ないから、ということに尽きるらしい