g1 スロット

g1 スロット

ま、オレにゃ似合ってるしいいか」「似合ってるって?」「ああ――オレは〝瞬刹(シュンセツ)〟なんて呼ばれてたからな」

目覚まし代わりのアラームが鳴る直前で目覚めた梅沢和幸はゆっくりと躰を起こし、携帯端末をテーブルから拾ってアラームを消した

「……」 ソファで寝転がっていたのに遅く気付き、音楽を聴きながらまた寝入ってしまったのかと視線を投げると、しかしステレオ機器には電源が入っていなかった

 おかしいなと思いソファから身を起こすと毛布が落ちるが、深く考えずにいつも通り朝の音楽を楽しもうと流れ作業で電源をいれ、ディスクをトレイに入れてから定位置に戻り、それから

「……あ?」 朝の空腹を刺激する香りと、物音に気付いて背後にあるキッチンを振り返った

「おー、おはようかずやん

あなたも好きかも:パチンコ 地域最大級
台所使わせてもらってるべや

ちゃんと使ってあげんと機嫌も悪くなるさかい、自炊もした方がええがー」「……ああ、久我山か

おはようさん」 ようやく、昨夜からの流れを思い出した

あなたも好きかも:オンライン カジノ サイト
「寝れたか?」「かずやんの匂いで興奮して寝つけへんかった」 興奮するな

「もうちょい待っとってや

あなたも好きかも:パチンコ パールショップトモエ
朝食、上がるきに

したっけ起きるの早いんなあ」「いつもこんなもんだ