慶次 スロット 天井

慶次 スロット 天井

でも、試合は勝ったから良しと考えるしかないか……

西エリアのラスティアラはスノウに勝てたかな……?」 僕は重い身体を動かし、離れていた司会へと近づく

 向こうもこちらに向かって来ている

 エルミラードの魔法の連発のせいで、かなり距離を取っていたようだ

 僕は愚痴をこぼしながら歩く

 すると――「――――!!」 会場全体を揺らすような轟音が鳴り響いた

 それは、間違いなく生物の咆哮だった

あなたも好きかも:ヒカル シバター パチンコ
 常識ではありえない鳴き声が、地震のように世界を震わせた

 会場の全員が耳を塞ぐ

 そして、僕だけがその声の正体を理解する

あなたも好きかも:耳栓 パチンコ
 数日前、西の廃城で聞いたものと同じだ

 魔力を帯びた――『竜の咆哮』