フルーツ

フルーツ

が、移動もまた仕事だと我慢するよりほかはない

「あのなあ、俺だって疲れるときは疲れるんだぜ?」「それでも仕事、任務となれば張り切るのがセツナよねえ?」「ですから、御主人様にはゆっくりと休んでいただきたいのですが」「陛下直々の指名とあらば、休んでいる場合じゃねえもんな」 女性陣それぞれの言葉を聞きながら、セツナは苦笑いを浮かべた

 馬車の荷台に女が四人

あなたも好きかも:パチンコ 禁煙化
皆、セツナに対してなにかしらいいたいことがあるらしく、喋り出したら止まらないことがあったりする

そして、そういうとき、セツナはなにも言い返せず、黙って聞くしかないのだ

あなたも好きかも:ドラクエ5 スロット 77777
 特に、龍府で別れて以来、二ヶ月近く話すことができなかった三人には、言いたい放題させるのが一番だろう

 そんなことを考えながら、彼は、馬車が天輪宮に辿り着くのを待った

 素通りとはいえ、確認しなければならないことがある

 ナーレスのことだ

 龍府の中心である天輪宮には、ナーレスの姿はなかった

 ダンエッジの話によれば、四日ほど前、オーギュスト=サンシアン、メリル=ラグナホルンとともにエンジュールに向かったということだった

ナーレスがエンジュールに向かったのは療養するためであり、療養するのならば温泉地がいいという簡単な理由だ

そして、エンジュールはセツナの領地でもある