初代ポケモン スロット

初代ポケモン スロット

【王国暦122年3月7日 0:01】 あと二十分くらいで通常モードに変更されるか

もうしておこうかな

「モードを『通常モード』に変更」『……了解しました

……通常モードに移行します」「それじゃまた」『……いってらっしゃいませ、マスター』 よし、本体に戻ろう……………………

「ぐぁっ」 激しい頭痛が襲ってきた

 ううう、うう………

――――――パタン

あなたも好きかも:パチンコ 掛川 竜光
うう~ん、今何時~? ………………………

あなたも好きかも:パチンコ 普通機とは
 ちっ……

あなたも好きかも:魚津 パチンコ usa
「―――『時間表示』」【王国暦122年3月7日 5:05】「あ、起きたわね」 目を開けると、ドロシーの顔が目の前にあった

「あ……おはよ……」 別に早起きしなければいけない用事はないのだけど、ドロシーにはついでのように起こされる

身体の方は体内時計が元の生活に戻ってきて、この時間に起きるものだ、と納得の起床だ

「アンタ、今日はどうするの?」「あの『計算端末』、もう二つ、設置しちゃおうかなと思って」「それはいいわね」 ニヤリとドロシーが笑うけれど、まだ顔がむくんでいる

「顔を洗ってくるわ……」 ドロシーが洗面所に行ったのを見て、私は布団から抜け出て、布団を綺麗に畳む

 実際問題としては『洗浄』なんてスキルがあるので、洗顔の概念なんぞない、と思いきや、習慣として、または顔面を冷やしてむくみを取る、という行動は存在する

人は魔法だけでは生きられないんだなぁ、と思う瞬間だ

「おはようございます」「そうね、おはよう」「おはようございます!」「おはようございます……」「おはよ……」「おはよー」 ワラワラ、と全員が起きてくる

朝が早いのは、この世界共通の行動だ

最近は太陽が昇るのも早い