ポーカー 対戦

ポーカー 対戦

 背中に座褥を詰め込み身を起こしているのは、どうせ直ぐ俺が来るだろうからと、彼女が準備してくれたのだろう

 寝たままで良いというのに強情なハインは、主の前で横たわったままでいることなど許されないと頑なで、はじめは従者服に着替えようとすらして、医師とロレンにこっ酷く怒られていた

弱った姿を見られるのは矜持が許さなかったらしい

あなたも好きかも:東京 カジノ 無 課金
「毎日来ないでください

あなたも好きかも:ワルプルギスの夜 スロット 確率
暇なんですか」 だもんだから、見舞いも拒む

押しかけるけど

「うんまぁ……もうやること特に無いし」「……もう?」「あ、いや……

マルの返事待ちなんだよ

 それが来るまでは特にすること無いから、まぁ暇かな」 へらりと笑って言うと、顔が緩みすぎて威厳が無いと文句を言う

でも威厳(それ)って、今までもあったためし無かったよね

「一介の従者に主が時間を割かないでください」「俺が俺の時間をどう使おうが俺の自由だよな」「貴方、今まで散々、私の時間の使い方に文句を言っておいて、ご自分のことは棚上げすると?」 いや、お前の時間の使い方は明らかおかしかったろ……

あなたも好きかも:パチンコ 打ち止め 昔
 そう思ったけれど、言い返しても三倍くらい言い返されるだけなので、正直に謝っておく

 まぁ、分かってるのだ

これがハインの照れ隠しであることは

 それに生きていてくれたから、嫌味とか小言くらいはいくらだって受け入れられる