カジノ 法案 場所

カジノ 法案 場所

何もかもが終わってしまう」 そう叫ぶティアラだが、彼女はすべての炎の騎士団(フレイムナイト)と繋がり、それらを今も操作し続けている

反応速度を高めるために、感覚共有もギリギリのレベルにまで引き上げていた

そのフィードバックによるダメージが彼女の肌に浮かび上がっているのだ

「ティアラ様!?」 けれども、それももう限界のようだった

あなたも好きかも:4月4日 パチンコ
ティアラの意識が薄れてグラリとその身体が揺れる

あなたも好きかも:リオ ブラックジャック 絵師
「いえ、まだですわ」 だがすぐさま意識を繋ぎ止めて、片膝を突き、握った大翼の剣リーンを支えに己の身体を留まらせた

「まだ、ま……だ、わたくしは……」 しかし、視点が定まらない

すでにティアラの体は限界を把握しているのだ

故に己の身体が己の精神を拒絶した

あなたも好きかも:爆砕 鹿児島 パチンコ
限界を超えたと訴え、その機能を止め始めた

(駄目です

カザネに……わたくしは) ティアラは倒れるわけにはいかなかった

 誓ったのだ

あの子に顔見せできない真似はしないと

 けれども、もうどうしようもない

ゆっくりと剣を握る手が開き、すべてが終わってしまうとティアラが思いながらその場に崩れ落ち……てしまいそうになったところを誰かに抱き留められたと気付いた

「おっと、危ない」 それは男の声だった

「やあルビー、久しぶりって言っていいのかな? って、こら