ノルウェー カジノ

ノルウェー カジノ

僕が水着を作っている間に起きてきたようだ

しかし、ディアは自分の水着を手にとって固まっていた

「あ、ディア、やっと起きたんだね」「あ、ああ

船の揺れが、ちょっと苦手だから……

それに最近、妙に眠くて……」 女性陣が船内へ着替えに行く中、ディアだけが一歩も動けていなかった

あなたも好きかも:パチンコ 上大岡店
「それはディアの分だから、遠慮せず着ていいよ」「いや、これは……」 水着を手に、わなわなと震えるディア

あなたも好きかも:パチンコ オリジナル版権
「カナミ……

これ、女ものじゃないか……」「まあ、そりゃそうだよ」「お、俺は男ものしか着ない……!」 震えながら首を振って、水着を握り締めていた

その姿を見て、僕はディアが気にしていることを理解する

あなたも好きかも:中山 パチンコ ゾロン
しかし、それはとうの昔に解決していたと思っていたことだ

恐る恐ると確認を取る

「……なあ、ディア

その男装って、まだ続けるのか? もういいんじゃないのか?」「なっ、な、何言ってるんだ、カナミ! 俺は男だから、この格好なのは当たり前だろ!?」 ディアは真っ赤になって、とても懐かしい話を蒸し返す

「いや、もうその言い訳は通じないよ……

流石に」 ここでそれを認めてしまっては、何の成長もない

 僕はゆっくりとディアを説得しにかかる