100円 ゲーム機

100円 ゲーム機

 華音は「……これはもう駄目だぁー」と諦め、グズる優樹を腕にしがみつかせたまま引っ張って一階に下り、携帯電話を取り出し電話を掛けた

「……、生美ちゃーん? かのんちゃんでぇーす

……あのねぇ、……そのねぇ、ちょっとねぇ……、来てぇー

総合体育館ー

あなたも好きかも:スロット エキサイト 設定キー
ちょぉーっとねえ、優樹がメソメソしちゃってぇ、かのんの腕から離れないのぉー

……かのんいじめてないぃ

あなたも好きかも:広島 パチンコ ハリウッド東雲
……流には言わなくて良いからっ

……待ってまぁーす」 電話を切ってポケットに直すと、まだ腕にしがみついて顔を埋めている優樹を見下ろし、情けなく笑った

「優樹ぃー? どしたのぉー? ねぇー?」 よしよし、と頭を撫でながら問うと、優樹は「……ぐす」と鼻を啜ってゴシゴシと腕に顔をすり寄せる

 通り過ぎる部活動生たちの訝しげな視線を浴びながら、華音は隅っこで優樹の頭を「良い子良い子」と撫で、そっと覗き込んだ

「……優樹ぃ? ……ほぉーら

かのんちゃんだよぉー?」 まるで小さな子どもをあやすよう

あなたも好きかも:ブラックジャック 愛車
 優樹は「……うっ」と声を漏らしてギュッと華音の腕に強くしがみついた

「華音ちゃん……、……う、……駄目……」 息を詰まらせながら悲しげに言われ、華音は顔をしかめた

「へ? なにが?」「……か、華音ちゃん……、っ……、だ、駄目

……駄目