目押し 無し スロット

目押し 無し スロット

ああ、そのまま休んでいてください」「そうよ

いきなり作業を進めたりはしないから」 すぐにでも作業を始めるのかと立ち上がりかけた考助を、エリスとクラーラが止めた

 これから先の作業では、考助の力は必要にはならないが、完成したあとに浮遊装置がきちんと動作するかどうかは、確認しなければならないのだ

 今度は考助が見守る中、エリスが連れて来たクラーラを始めとした女神たちが動き始めた

 これから作業を行うのは、大地に関係した権能を持つ女神たちだ

あなたも好きかも:龍が如く0 ブラックジャック 攻略
「おおー

これは凄いな」「我々でもなかなか行うことが無い、大規模な権能の発現ですからね」 どこかで聞いたようなセリフを繰り返した考助だったが、隣に立つエリスも同意したように頷いた

 実際に目の前で起こっている現象は、そうそう見ることができるようなものではない

 なにしろ、考助が作った浮遊装置を覆い隠すように土が覆いかぶさって行き、それがどんどんと大きくなって行くのだ

あなたも好きかも:ベラジョン アカウント認証
 その土の塊は、見る間に巨石と呼べるほどの大きさになり、さらに大きくなって行く

あなたも好きかも:パチンコ hotd 期待値
 あれよあれよという間に立派な島といえるほどの大きさになっていったが、女神たちの作業は大地を作るだけではとどまらず、さらにその大地の上に次々と自然物を配置していった

 天空石が収められている浮遊装置は、すでにその大地の下半分の中央辺りに埋まっていて、その上部には大きな城が建てられた

 その城が建った瞬間、三大神の姉妹がそこはかとなく自慢げに立っていたので、誰が作ったのかは考助にもすぐにわかった

「・・・・・・このお城、必要だった?」 考助がそうエリスに問いかけたが、問われた本人は若干考えるように首を傾げたあとで、「まあ、浮遊装置本体を見せられない以上、象徴のようなものは必要でしょう」 と、取って付けたような答えを返してきた

 もっとも、その顔は隣で頷いているジャルと同じような顔になっていて、私も混ざりたかったと言っているように見える