スロット ジャック ポット

スロット ジャック ポット

「ならいいが……

実験も程々にしてくれ

心配の種が増えるのはかなわん」「はい、すみません……」 しゅん、と私がしているのは半分はポーズだ

ごめん、全然反省してません……

「その、半固形ポーション? っていうのがコレなの?」「ああ、うん、そう

タマスの肝が入手できなかったから、植物性のもので代用してみたんだ」 そう言って寒天シリーズを並べてみせる

① 錬成陣を組んで魔力を送りながら真っ当に溶液を作り寒天で固めたもの② 錬成陣を組まずに適当に寒天で固めたもの③ すり下ろした生の月光芋を寒天で固めたもの④ 茹でた月光芋をペースト状になるまで練って寒天で固めたもの⑤ 寒天にレモン汁と果肉を入れて砂糖で調味して寒天で固めたもの こうやって並べてみて、元の世界では梅の産地のお菓子、『のし梅』を思い出した

あなたも好きかも:魔法少女まどかマギカ 2 スロット
「食感については⑤をお試しください」「ん……」「これは食べない訳にはいかないわね」 トーマスとドロシーは、おそるおそるレモン寒天に手を伸ばして、口に含む

あなたも好きかも:福岡 パチンコ プラザ3
「お?」「え?」 一口を食べて驚き、もう一つ口に入れて何やら頷き、三回目でやっと口を開く

怒気溢れる目から興味津々の目に素早く変わった

あなたも好きかも:一関 パチンコ ナイス
チョロい

「これ、原材料は何なんだ?」「これです

海草を煮詰めた汁です」 テングサを掲げて見せる

「海の雑草か

そんな使い方があるとはな……」「え、そんな白い海草なんかあったっけ?」 ドロシーの質問はもっともだ

「天日に干したものだからだよ

色が抜けるの」「ほう…………」「へぇ…………」「③はシャレで作ったものでして、薬効が強すぎるのはわかっていたんですよ