仕事帰り パチンコ やめたい

仕事帰り パチンコ やめたい

「「――きゃああああっ!!」」「んっ……!!」 リリアのすぐそばに次元の穴が開いていく

 その穴から見える景色は、現代世界のリビングの光景だった

「なっ……!? リ、リリア?」「鬼塚さん……!」

あなたも好きかも:エヴァンゲリオン スロット 勝利への願い 天井
静希達が今回の作戦の司令部のある街にたどり着いたのはその日の夜の事だった

途中部隊の人間から連絡が入り、残り一つの核兵器を確保したという、事実上の状況終了の通達があった

静希の睨んでいた通り、ユーリアの母親のいた場所の地下に保管されていた

物理的に出入り口を排除し、能力でしか移動していなかったという事から発見が遅れたが、協力していた能力者を捕縛し無事に確保することができたのだという

後はユーリアの今後を話せばいいだけとなった

静希を先頭に司令部の奥へと移動していくと、周囲にいる軍人が静希の姿を見てすぐに道を譲ってくれていた

中には尊敬や畏怖のまなざしを向けるものも、さらには敬礼さえする者もいた

静希がどれだけ実力を持ち、なおかつそれが広く認められているのだという事が十分に理解できた

あなたも好きかも:富雄 パチンコ バイト
司令室の扉を開くと、その中にいた人間は全員開いた扉の方に注視していた

いくつもの勲章を胸に下げた軍人、白髪交じりのものや全て白髪になっているような老人のようなものまでその場にいた

あなたも好きかも:まど2 スロット ワルプルギスの夜
今回の事態がどれだけ大ごとになっているのかというのがよくわかる面々と言えばいいだろうか

「ミスターイガラシ・・・ご苦労だった

よもや少女の護衛だけではなく核兵器の所在まで明らかにするとは思っていなかったよ

」「後者に関してはこっちも予想外に事が上手く運んだ