ダイトー スロット アプリ

ダイトー スロット アプリ

それに、何よりも……」 反町は言葉を切ると、左隣を歩く優樹と目を見合わせ、包帯を巻かれ伸ばしている小指に触れないようそっと手を握った

「……優樹と、もっと長く一緒にいたいから」「寒いって言ってンだろっ」 と、穏やかな声に背後から立花が背中を睨み付ける

 優樹は優しい目で見つめる反町に顔を赤くし、照れ隠しするように俯いて「……へへ」と笑みを溢し、彼の手を人差し指と親指で握った

「けど実際、それが出来るならそうしてくれた方がいいわよね」 優樹の隣から、生美が鞄を抱え直しながら鼻から深く息を吐き出した

「優樹の面倒をみてもらえるし」「ややこしいことも丸投げ出来るしな」と、大介が不敵な笑みで続くと、「そういう意味では便利やな」と、一平も強く頷く

 厄介者扱いに優樹が顔をしかめていると、華音は「えぇー!?」と不満げに口を尖らせた

「流がいたら邪魔ぁ! いなくていいってばぁ!」 優樹の斜め後ろにいる華音に睨まれ、反町もギロッと睨み返すが、華音は怯むことなく「っべぇ!」と生意気に舌を出して見せた

なぜか、その斜め後ろから相川までも

 相変わらず、敵対するつもりの二人だ

「けど先輩、今、免許の学校でしょ?」 勝則が何気に問うと、反町は「ああ」と道の先に目を戻して返事をした

あなたも好きかも:毛呂山 パチンコ 求人
「けど、この前仮免は取れたし

あなたも好きかも:スロット まどかマギカ2 ボーナス終了画面
すぐ免許も取れると思うよ」「免許取れたら車買うの?」 加奈に首を傾げられ、「ううん」と反町は首を振る

「しばらくは母さんの車か、親父のもう一台余ってる車を借りるつもり」「おばさんの車って、ベンツのコンパクトだろ? おじさんの余ってるのって、なんだ?」 洋一が続けて問うと、「ロータスのエヴォーラ」と、反町はさらっと答えた